レビュー記事で上位に表示されていた記事がリライトされたっぽいので、オンリーワンを目指そうと思います。

「リライト」と言われても、ほとんどの人には意味が分からないかもしれませんが、簡単に言うと、「パクリ」まではいかないけど、元にする文章を少しだけ言葉を変えて書いたりして、自分のオリジナルコンテンツのようにしてしまう事です。

例えば、宿題とかで

例:パクリ→• A君の作文を、B君がそのまま丸写して、B君が「自分が書いた!」というのが「パクリ」。

例:リライト→• A君の作文を、B君が、そのままだとパクリがバレるので、言葉尻を変えたり、構成を少し変えたりしてB君が「自分が書いた!」というのが「リライト」です

※リライトは本来は記事の修正とかを意味する事もあるらしいのですが、ブログとかサイト運営をしている人達の間では、あまり良い意味の方では使われなかったりもします。

それで、今回の本題!

僕の液タブのレビュー記事がリライト(おそらく)されたっぽい!

僕は、このサイトで(もちろん、このサイトは僕自身が管理、運営しています。)漫画やイラストで使う液晶タブレットや、その他、掃除のアイテムや、ダイエット、漫画の参考書などのレビューを書いたりしています。

どれも、僕なりの信念で、自分がおすすめ出来るアイテムの良さを、分かりやすく伝えられるように、ちゃんと丁寧に、何度も書き直したりしながら、自分なりの意見として書いてきました。(レビュー記事以外の、体験談なども同様です。)

その甲斐あってか、僕の書いた液タブのレビュー記事は、そこそこ安定して検索で上位表示されるようになっていました。

液タブ Cintiq13HDを使ったら作業スピードUPしたので感想とレビュー

「液タブレビュー」というキーワードで一位に検索表示されている事もありました。(現在は下がったり上がったりしています。)

時々ではありますが、絵描きさんの方に「液タブ買うの迷ってたけど、記事を読んで買ってみました!良かったです!」とか、嬉しいコメントを貰えたこともあります。

そんな嬉しいこともある一方で、とてもショックなことがありました。

最近、液タブの新型が出た事もあり、他の方が書いている液タブの記事を何個か読んでいたのですが…。

そこで見つけた、一つの液タブのレビューサイト(?本当に運営者が液タブを使ってイラストとか描いているのか不明)の記事で、僕の記事とタイトルの付け方などは違うのモノの、所々に僕のレビュー記事の文章を元にリライトしたような部分がありました。

多分、僕のレビュー記事と、上位表示されている他の方のレビュー記事などを繋げたり、合わせたりして書いている感じでした。

ちなみに、僕がリライトっぽいと思った部分は、「液タブを使うと描くスピードが上がる」的な部分などが、上手く説明はできないのですが、な~んか、ニュアンスとかが、引っかかるのです。


たまたま、同じようなことを書いてしまった!とは違う独特の引っかかりがります。

詳しく文章を比較していけば、多分、共感を得られると思うのですが…、その辺は武士の情け的な感じで、ここには引用しませんが。

特別、証拠があるわけではないので、(もしかしたら、PCに詳しい人とかだと、似てる部分とかを照らし合わせるツールとか知ってるかもしれませんが…)ここで、そのサイトの名前を出すようなことはしませんが、だいぶ怪しいと思っています。(今後も、明らかにリライト的に怪しい記事などが量産されていたら、少し考えるかもしれません…)

お絵かきソフトや液タブまとめ(比較)とかね…、その他、漫画ハウツーみたいなサイトで、その人が実際に漫画や、イラストを描いてる人かどうか、僕が怪しいと思うサイトのポイントを上げておきます。

1、運営者情報が無い:運営者情報のリンクがあっても、肝心の運営者の情報が無い。あっても名前だけ。検索しても、その人のイラストや、漫画などがどこにも見当たらない。など…

2、そもそも、そのサイトに写真しか使ってない:運営者さん、絵描いてるんですよね?「描き心地が違います!」ってその絵見たいのですが?

3、イラストや絵がサイトにあっても、自由素材っぽい:こういうのも大体わかる。

4、使用感などの具体的な話が見えない:もしくは、書いてあっても何か運営者の体温を感じない。(~の液タブ使ってたけど壊れちゃって、新しいの買ったらひゃっほ~!コミティア参加するから、〇〇ブース来てくれよな!)みたいのあれば凄く体温感じますよね?じゃ、なんで書けないか?液タブで絵描いたりしてないからでしょう?

↑だいたい、この4つが全て揃っているサイトは、ネットだけで情報を集めて、サイト運営している可能性があると思います。

全て揃わなくても、1、2が合わさったら結構怪しいです。

ここまで色々と、いやな情報を書いてきましたが…もちろん良質なサイトも多数あります。実際のクリエイターさん達が運営しているサイトの方がネット上には多いと思います。というか、そうあって欲しいと思います。(絵が上手いとか、下手だとか、プロとかアマは関係ないです。ちゃんと絵描いてるかが大事です。)

実際に、お絵描き支援サイト的なモノで、ちゃんと運営者自身がイラストを描いていたり、漫画やイラスト描いてる人たちにちゃんと為になる情報を自分の言葉で!自分の経験で伝えようとしているサイトは大体分かります!

でも、検索エンジンはそれを完璧には見抜けてないように思います。

多分これは、今まで多くのサイトやブログが経験してきた「いたちごっこ」なのでしょう…。

この記事を書いても、あまり何も変わらないかもしれませんが…なんというか、ちゃんと時間をかけて、良質なコンテンツを作ろうと思っているサイト運営者がちゃんと検索エンジンにも、閲覧してくれるユーザーにも評価される世界であってほしいなと思いました。

サイトのデザインを参考にする位なら、良いと思いますが、記事をリライトするのは本当に止めて欲しいと思います。

そこで僕が思ったのは、「オンリーワンサイトを目指そう!」という答え

僕は、そもそも自分の漫画を発表したくてこのサイトを立ち上げました。

漫画以外にも、自分の生活に役立った情報などを伝えられるサイトになればいいと思ってサイトを運営しています。

ですが、こんな事が続いていては、どんなに自分で良質なオリジナル文章を書いていても、いづれ誰かにリライトやパクリ、などをされるかもしれません。
しかも相手は多分SEOとか使いこなす人でしょう…。

そうなっては、永遠に抜け出せない「いたちごっこ」です。しかも圧倒的にリライトする方が楽です。

なので、僕はこれから、検索エンジンやリライトに左右されない、オンリーワンのサイトを作ろう!と気持ちを切り替えていこうと思いました。

まさに検索上位表示のナンバーワン!ではなく、このサイトだから見たくなる様な「オンリーワンサイト」を目指してこれから、コツコツ漫画でも書いていこうと思っています。

もちろん、他の生活に役立つ情報も更新していきます。

最後に、「パクリ、リライト記事は本当に止めましょう。」